フィラリア予防薬ストロングハートは個人輸入で!

ストロングハート使用時に注意すべきこと

ストロングハートの注意点

ストロングハートの使い方

ストロングハートの主成分「イベルメクチン」は、人間の薬としても使用されているほど、 しっかりと安全性の確立されたお薬です。
愛犬が服薬した場合にも副作用は少なとされており、安心して投与することができます。

しかしストロングハートの投薬時には、愛犬のために、必ず注意すべき点があります。

必ずフィラリア陰性であることを確認する

陰性であることを確認

ストロングハートの主成分「イベルメクチン」は、蚊が媒介したフィラリア幼虫が犬の皮膚組織間で 血管へ侵入するための準備をしている無症状期に投薬することによって、フィラリア感染前に フィラリア幼虫を殺虫することのできるお薬です。
この無症状期は約2ヶ月程度とされ、1ヶ月間隔でストロングハートを投薬すれば、 無症状のうちにフィラリア幼虫を駆除することができます。

しかし、万が一、この無症状期以降のフィラリア感染後に、予防薬を投与してしまうと、 体内で死滅したフィラリア虫によって、腎炎や肺炎、アレルギー反応などを起こして死に至る事があります。

お薬を使用する時は、かならず陰性であることを確認しましょう。

自己判断で投薬を辞めない

自己判断

「フィラリア予防薬を投薬していたのにフィラリアにかかってしまった…」という報告が稀にあります。

こういった場合、フィラリア予防薬の効果がなかった、というわけではありません。

投薬していたのに感染した、というケースの多くの場合は、投薬忘れや、 自己判断での投薬中止が原因にあげられます。

ストロングハートをはじめとするフィラリア予防薬は、蚊の発生する時期に毎月1回、 投薬することが基本です。
しかし、この「蚊の発生する時期」というのは地域ごとに違いがあり、「蚊がいなくなった」と 人間の感覚で思い投薬を休止しても、シーズン終わりにひょっこりやってきた蚊に刺されて感染してしまう、 というケースがあります。

シーズン終わりに投薬を休止して、フィラリアに感染してしまっては、今までの投薬が水の泡です。
「蚊がいなくなった」と思っても、すぐに投薬を休止するのではなく、 それからさらに1ヶ月長く投薬を続けてください。

▲ このページの先頭へ